サワードウ・スターター (天然酵母)

シンプルで簡単なのに使い勝手様々。サワードウのある生活へようこそ!

内容量:

無限

所要時間:

数時間から数日

カロリー:

N/A

こんな時に:

主菜

このレシピを評価する!
[yasr_visitor_votes]

このレシピについて

新藤のりこ

サワードウ・ブレッドを焼くには天然酵母の一種であるサワードウ・スターターが必要になります。ゼロから作る場合は、実際のパンを焼く1週間前にスターターを作り始めると元気な酵母がパン作りに間に合います。「サワードウ・ブレッドを始めるにあたって」をお読みになればわかりますが、私は酵母にライ麦粉も使っています。強力粉のみでも酵母は作れます(その場合は、このレシピのやり方で強力粉40gに水40gを混ぜて下さい)。酵母の作り方や作りやすさに違いはありませんが、ライ麦粉が入っていると少し味のある仕上がりになります。酵母を作り始めると、サワードウを少しずつ廃棄していく必要が生じますが、私は捨てずに使っています。別容器で冷蔵保存すれば焼き菓子やパンケーキに使えます!それはまた後日紹介します。

材料

  • ライ麦粉 25g
  • 強力粉 15g
  • お水 40g (ml) 浄水かつ常温

栄養

このスターターを単独で召し上がることはないと思いますが、すでに食物繊維や鉄分が豊富であることは一目瞭然です!

  • 水溶性食物繊維 (コレステロールを下げる、心臓病・便秘予防) 22% 22%
  • 鉄 (筋肉細胞を作り、貧血を防ぐ) 13% 13%
  • タンパク質 (体内の筋肉組織を形成し、強い体を作る) 12% 12%

作り方

ステップ 1

メーソンジャーに小麦粉類とお水を入れてまんべんなく混ぜる。

ステップ 2

混ぜた酵母の高さの位置で輪ゴムを印として容器の外側につける(写真参照)。

ステップ 3

容器の蓋を閉め、直射日光を避け、温かい場所に置く。

ステップ 4

おおよそ半日経つと、輪ゴムの位置よりも酵母が高く成長したことが確認できます。中身を少し(510g)だけ残し、ステップ13を半日置きに繰り返してください。

ポイント 

ゼロから酵母を作る場合は、朝と夕の12回、上記ステップを繰り返してみてください。数日すると、元の高さより2〜3倍までに酵母が成長するようになるでしょう。このように活性化した酵母が完成すると、パン作りに使えますし、冷蔵保存して、パンを焼く前日の夜にステップ13を行えば活性化した元気な酵母が手軽に使えます。活性化した酵母を誰かに分けてもらえるようであれば、1週間上記ステップを繰り返す工程は省けます。

このレシピを気に入りましたか?

vegginoコミュニティに参加

ソーシャルメディアでのフォローしていただくも良し、メーリングリストに登録するも良し、自慢のレシピをシェアするのも良し。もちろん、気軽に直接ご連絡いただくのも大歓迎です!